トピックス

イルミ

北九州の冬夜を彩るイルミネーション、始まる。
~幻想的な空間美! 小倉イルミネーション&門司港レトロ浪漫灯彩~

 北九州の冬夜を幻想的な空間に演出するイルミネーションが小倉北区の都心部を皮切りに始まった。11月3日(金)の点灯式からスタートしたのは「小倉イルミネーション2017(主催/小倉イルミネーション実行委員会)」。今年で17回目を数え、今では小倉の冬の風物詩として定着し買い物客や道行く人たちの目を楽しませている。「こころときめく 光の街」と銘打たれた今年は約88万球の発光ダイオードを使って都心部を演出。JR小倉駅周辺、小倉井筒屋から紫川周辺、リバーウォーク北九州から市役所周辺にかけて煌めくイルミネーションが点灯されている。
北九州市役所付近の紫川下流では、川辺と鴎外橋が「紫色」に染められ、光が川面に反射し幻想的なムードを醸し出している。さらに、リバーウォーク北九州付近からは、車体前面を照明で飾り立てた電動SL型バス「きらぽっぽ」も運行。紫川から小倉城庭園周辺を10分程度で周回し、小さなこどもから大人まで光に包まれファンタジックな気分を楽しんでいる。小倉イルミネーション2017の点灯時間は17時~22時。来年1月8日(祝)まで。また、北九州市の観光地として全国的に注目を集めている門司港では、「イルミネーション2017 門司港レトロ浪漫灯彩」がおこなわれている。こちらは大正ムードにあふれるレトロ地区で例年実施されているもので、門司港の観光地帯を光で染めあげる。見どころは関門海峡の潮騒や関門橋の光をバックとして輝く樹木イルミネーション、門司港レトロの歴史的建築物へのライトアップもおこなわれ、大正浪漫を彷彿させる光が見る人を優しく包み込む。点灯時間は17時30分から22時、来年の2月25日(日)まで点灯される。門司港レトロ地区では12月になると、このイルミネーションに加えてクリスマスライブやカウントダウンイベント等も多彩に実施される予定。催し満載の門司港レトロの夜は今年もまた楽しめそう。

●小倉イルミネーション2017
 点灯期間/ 2018年1月8日(祝)まで
 点灯時間/17:00~22:00
 http://kokura-illumination.jp/
●門司港レトロイルミネーション
 点灯期間/2018年2月25日(日)まで
 点灯時間/17:30~22:00 
 2017年12月31日(日)は翌日5:00まで
 http://www.retro-mojiko.jp/